2008年09月28日

知の活用

梅田望夫さんはご自身のブログでグーグルに淘汰されない知的生産方法を紹介されています。

その中では、知的消費と知的生産の違いについて説明されたいます。情報の肝を抽出し、それで終われば「知的消費」だが、それについて感想を「書く」ことは「知的生産」になる、と。

WEBに転がっている良い情報を紹介すること自体に意義を感じるのですが、それを題材に自分なりのアウトプットをしてみよう、そのように思いました。

そうすることで情報に対する感度も養っていきたい。

また、そのような知的生産を通じて、WEB上で素晴らしい人の知性と出会えることはワクワクすることだと思います。

駆け出しですがよろしくお願いします。
ラベル:梅田望夫
posted by ハマトン at 16:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。