2008年10月13日

21世紀の国富論

国富論(著者:原丈人氏)を読みました。

世界的に大恐慌になり、今後の経済はどのような方向を目指せばいいのだろうか、といった想いがこの本を買う動機になったのだと思います。

以下、この本を読んで、私が特に印象的に感じた点を記載します。

経済はあまりにもマネーを生み出すことに夢中になりすぎた。新しい技術を追求することよりも。

著者はベンチャーキャピタリストです。どういった企業に投資をし、育成していくべきか、強い信念をお持ちです。ROEや株主時価総額といった定量評価を否定します。

ROEを上げ、時価総額の最大化を目指しても、それは手段であり、目的ではない。あらゆるものを全て数字に置き換えることには問題がある。人の動機づけ、幸せといった本来定性的なものは定量化できない。

企業価値を図るのに割引現在価値(ディスカウントキャッシュフロー)で評価すれば、研究開発投資がどうしても抑制されてしまう。

そのような定量評価重視でヘッジファンドが求めているのは、短期的利益の獲得だ。彼らが実際に行うのは、企業の建て直しは活性化だどではなく、会社が持っている資産の売却や現金の配分でしかない。

そもそも「モノ言う株主」として経営に関与する以上、すぐには株式を売却をできないようにするといったことを法制化するべき。

現状、短期的な株価上昇を求める株主の利益とストックオプションを持っているCEOが得る利益とが一致しており、ガバナンスが機能していない(大企業のケース)。

新しい技術。コミニュニケーションの基づいた次世代のアーキテクチャ。これをPCUの時代と呼んでいる。パーベイシブ・ユビキタス・コミュニケーションズ。

いま世界的に必要とされているのは、大きなテクノロジーリスクの存在する初期段階にある技術に対して積極的に投資を行い、これを成功に導いていく力。ベンチャーキャピタルが担っているそのような役割を今後、事業会社が担っていくべき。そして長期的技術育成を図る上での相乗効果を得るべき。

日本の強みはきわめて複雑なハードとソフトの融合を実現する力を持っている世界髄一に国である、ということ。

PCUの時代においてはマイクロソフトがOSの分野で築いた独占状態は起こらない。マーケットはより細分化が進み、それぞれの小さなマーケットでスタンダードを握る企業がたくさん存在するようになる。

以上です。

日本は、そもそも欧米と比較して、中長期的視点で経営をしていました。株主重視の経営というより、従業員の働き甲斐をも大事にし、人を育てる経営をしていたと思います。

バブル崩壊後、欧米的な経営スタイルが重視され、ROEや株主重視の経営がもてはやされ、リストラもしばしば実施されるようになった。確かに財務数値を見れば、筋肉質になったのかも知れませんが、その中で本当に新しい技術がたくさん生まれたのでしょうか? 財務数値が強くても、株価は簡単に下がってしまいます。

欧米スタイルの経営に壁が立ちはだかったいま、会社の役割とは何か、会社が創るべき価値は何なのか、もう一度考え直す必要があるのではないかと思います。

その上で、この本は問題提起、問題意識、ビジョン、どれをとっても明確で、一つのヒントになるのではないかと思うのです。

この本のことは「今日のみやくん」や「週末企業舎」でも記載されています。

posted by ハマトン at 13:37| Comment(26) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

イケア(IKEA)大阪にいってきました。

今日は新しくできたイケア(IKEA)大阪に行ってきました。

三連休の中日だったので混んでいるかな、と思っていたのですが、

すんなりと中に入ることができました。ちょっと早めに行って10時半頃に着いたのも良かったのだと思います。

展示されている売り物を見るだけでも面白く、まるで博物館の中を回っているような気分になりました。

本当に広くて、車社会のアメリカ文化の産物ですね。値段もリーゾナブル。

家内の要望で下駄箱を買いました。組み立て式なのですが、家内でも簡単に作れるように工夫されています。あと、ハンガーとランドリーボックス、新聞紙入れ、トイレットペーパ入れ、靴べらを買いました。

下駄箱は、パッケージを開けたとたん、いい木の香りがしました。

お昼は店内でホットドッグを食べました。ピクルスとたまねぎチップを自由にトッピングできます。100円なり。けっこう美味しかったですよ。

お菓子まで売っていて、ダイム(DIAM)がおすすめです。チョコレートなのですが、中にキャラメルソースが入っています。

ここのブログでもイケア(IKEA)大阪のことが紹介されていますよ。
だって…だもん!
タグ:ikea イケア
posted by ハマトン at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

金融資本主義の終焉?

経済アナリストの森永卓郎氏は、「金融資本主義が終わりを告げようとしている」と言っている。

「金融経済が実物経済を凌駕するのではなく、実物経済をサポートするという本来の役割に戻り、額に汗して付加価値を生み出す人が豊かになるということだ」

確かにまともな考え方だと思う。

投資して、それによって短期間でリターンを得るということに、どれほどの価値があるでしょうか。

賢い投資家もたくさんいます。そういう賢い投資家を行き過ぎた金融経済が食い物にしてしまったように思います。

早く経済が元気になり、額に汗して働くということが見直されるようになって欲しいです。

そのときは付加価値の意味自体も再考する必要があるかも知れません。

そもそも、人が汗して情熱をもってなした仕事について、その成果が仕事の内容によって10倍も20倍も差がつくことにもピンときません。

本当に価値あるものを人が見極め、それを生み出す人が認められなければ、本当の意味で豊かにはならないと思います。

森永卓郎氏のことが紹介されているブログ
posted by ハマトン at 17:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魅力的な人

人生が楽しいかどうか?

楽しむ力が一つ大事な要素だと思います。

主体的になって自ら行動を起こすこと。無意識にそれができたら最高なんですが。

楽しそうに生きている人、まわりにたくさんいますか?

私が注目している人に、茂木健一郎氏がいます。

茂木健一郎氏と言えば、クオリア(主体的感覚ご伴う質感)で有名な人です。

この人はおそろしく頭がいい人で、よく難しいことをいいます。

だけど、いつも楽しそうにしている人で、とても魅力的な人だと思います。

毎朝、前日の出来事を書いている「クオリア」日記を読むと、毎日を楽しんでいる様子が垣間見ることができます。(写真をみても、みんないい顔して写っています)

魅力的な人ってどういう人なんでしょうか?

なにかに一生懸命とりくんでいる人。さらにそれを楽しんでいる人なのではないでしょうか。

私が魅力的な人として注目している人は、この茂木健一郎氏、”ウェブ時代をゆく”で有名な梅田望夫氏(My Life Between Silicon Valley and Japan)、三宅祐之、斉藤孝氏などなど。

最近、ものすごい勢いで株価が下がっています。資本主義社会中での私達の価値観を見直す一つの契機となるのではないでしょうか。

現に、多様性の時代・社会の中で、私達はいまどのような生き方をすればいいのか、どのような価値観を持って生きていけばいいのか。

私自身、迷いながら生きているのですが、少なくとも「楽しむ」ということ(行動)を意識して生活の中に取り入れて生きたいと思っています。本当は意識しなくても楽しめたら最高なんですが・・・

個々人の「楽しむ」が人に伝染したら、世界ももっと明るくなると思います。
posted by ハマトン at 09:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

エントロピーの法則

山田智彦氏はその著書「知的性格の愉しみ方」の中で、「エントロピーの法則」を以下のように説明されています。

「物質とエネルギーは一つの方向のみに、すなわち使用可能なものから使用不可能なものへ、あるいは利用可能なものから利用不可能なものへ、あるいはまた、秩序化されたものから無秩序化されたものへと変化する」

サブプライムローン破綻、原油乱高下、株価乱高下、物価変動、わけの分からない無差別殺人事件、こういった社会の混乱をみると、本当に、不確実性が増大しており、エントロピーの法則が頭によぎります。

こうした時代において私達、個人はどのように生きていくべきか。

一つの考え方として、効率とか、経済成長、利益、お金といったものに対する追求を少し見直すべきなのかと思います。

快適な生活とは何か、快適な感覚、といったつかみどころのないものに目を向けるべきなのではないでしょうか。

確かにそういったことを感じている人が増えているような気がします。

パラダイムシフトが起こる、ということを言ってる方もいます。

山田智彦氏は、「知的性格の愉しみ方」の中でサラリーマンに”二足のわらじ”を提唱されています。

全力投球で仕事に猛進するより、別に自分のライフワークを持ち、それとの両立を図った方が、相互にいい影響を及ぼすし、途中で息切れすることもない。長い目でみると仕事にもいい影響を及ぼすと。

エントロピーの法則からしても、それがゆとりの心を生み、有限の資源の枯渇のスピートを遅らせると。
(不確実性は増大するような気もしますが・・・)

お金とか、勝ち組とか、効率性アップとか、そういった言葉に踊らされずに、自分が本当に何に快適を感じて行動するかを考えることで、エントロピーの法則で言う、無秩序化のベクトルが拡散し、混乱が少しは収束するように私は思います。

エントロピーの法則については、「からまつの森移住」でも紹介されてましたのでご参考に。
posted by ハマトン at 10:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

ビストロ かかし

今日の夕食は、ビストロ・かかしで食べました。

阪急園田駅の北側歩いて3分のところにあります。

園田に住んでいたころから重宝させていただいており、引越しした後も、車で数ヶ月に1度は食べにきます。

今日のメニューは、鯛のカルパッチョのサラダ、パン、スズキのそてー、パスタ、野菜コンソメスープ、カツレツ、アイスクリームでした。

野菜嫌いな私ですが、かかしの野菜は、特性ソースと味付け。とてもうまいです。

ボリュームはたっぷりですが、野菜をたくさん食べることが出来て、とてもヘルシー。それに2800円ととてもリーゾナブル。コースは週毎に変わります。

お店の雰囲気も、クラシカルでアットホーム。マスターも奥さんもとても気さくな人。

私はとり肉が食べれないのですが、きちんと対応してくださる。

料理だけではなく、お店の雰囲気、店主のあたたかい人柄、どれをとっても私のお気に入りです。

ARC3391さんのブログに、写真とていねいなコメントが記載されています。是非ご参照下さい。
posted by ハマトン at 21:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日のバイオリンレッスン

今日はバイオリンレッスンの日でした。

いま練習しているのは「GOING HOME(家路)」です。

先生に伴奏を弾いてもらって協奏したのですが、実に気持ちが良かったです。

自分のバイオリンの音色はまずいのですが、先生の低音が優しくなめらかで、とても心地良かったです。

バイオリンの音色、本当に好きです。

私もいつかシルクのように優しくやわらかい音色を出せるようになりたい。

バイオリンを弾くときは、左手の感覚がとても大事。弦の振動が左手に伝わってきます。

このとき、普段は使っていない脳の部分にアクセスされているのだと思う。

そのせいか、バイオリンをひくととてもいい気分転換になります。

今日注意されたのは、

1.小指がつっぱっている(いつよよく言われるのだけど)

2.弓がまっすぐに引けていない。

3.第2の指の音程が低め

4.移弦するときのタイミングが左と右とであっていない。

5.音の強弱がつけられていない。

6.もっと弓はゆったりと大きくつかう。メゾピアノのときも、半分くらいは使うでした。

面白いバイオリンブログを見つけました。RumiKosakaさんの「バイオリン日記」です。

オーストラリア在住のバイオリニストで、バイオリンの先生であり、演奏活動もされており、現地のラジオにも出演されているようです。

指導指針の「忍耐」の記事が面白かった。

オリジナル曲を添付します。聴いて下さい♪
てんとうむし
タグ:バイオリン
posted by ハマトン at 16:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中村俊輔さん 察知力

中村俊輔さんの察知力を読みました。

サッカーそのものの本というより、中村俊輔さん自身がいかにして自分を磨いてきたのか、を語っています。

どのような姿勢で(サッカーという)仕事に取り組んできたのか、どのようにして課題を乗り越えてきたのか。

そのきーわーどが察知力。

-----以下、本文抜粋

「未来を察知し、そのために準備を怠らない。これは僕にとって、とても自然な気持ちの流れだ」

「細かいことを感じるか感じないかで成長が違ってくる」

「どんな監督のもとで、どんな環境で時間を過ごしたとしても、その時間を”次”へ活かそうと必死だった」

「だから、違うタイプの選手から自分にないものを学びたい」

「僕は、選手のタイプや立場、性格、状況など、あらゆることを察知して、指導方法を変えられる指導者になりたい」

なんという向上心の塊だろう。なんとクールでクレバーな選手だろう。

その結果として、現在の中村俊輔さんがいる。

私は会社員。職場にもお手本にしたいと思える上司や先輩がたくさんいる。こっそりと気がついたときに自分のノートに、盗みたいと思ったノートをとるようにしている。

例えば、
T課長⇒分からないことははっきりと質問する。そのあとすぐに本でその部分を勉強している。会議の流れや雰囲気を敏感に察知しながら、発言している。資料整理がすごくマメ。人に対する関心がつよく、人の性格をよく理解している。部長の使い方がうまい。

ただ、追われて仕事をするだけではなく、自分の課題や周囲の人の優れた点を意識していくことをもっと積極的にやろうと思う。

この本の紹介は「ヴェルディのしわざなのだ。」でもされています。サーカー好きにはたまらないブログだと思います。

タグ:中村俊輔
posted by ハマトン at 11:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

知の活用

梅田望夫さんはご自身のブログでグーグルに淘汰されない知的生産方法を紹介されています。

その中では、知的消費と知的生産の違いについて説明されたいます。情報の肝を抽出し、それで終われば「知的消費」だが、それについて感想を「書く」ことは「知的生産」になる、と。

WEBに転がっている良い情報を紹介すること自体に意義を感じるのですが、それを題材に自分なりのアウトプットをしてみよう、そのように思いました。

そうすることで情報に対する感度も養っていきたい。

また、そのような知的生産を通じて、WEB上で素晴らしい人の知性と出会えることはワクワクすることだと思います。

駆け出しですがよろしくお願いします。
タグ:梅田望夫
posted by ハマトン at 16:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。